バストアップサプリの効果

バストアップサプリは乳を大きくする効果が期待できるとして評判ですが、乳が大きくなる理由は配合されている材料にあります。
たとえば、人気のバストアップサプリの多くにはプエラリアという材料が配合されています。
タイ原産のマメ科の植物の根会合であるプエラリアにはイソフラボンやミロエステロールといった材料が含まれています。

 

これらの材料は植物性エストロゲンと呼ばれており、カラダで母親ホルモンのエストロゲンのように働きます。エストロゲンは母親らしい体をつくるホルモンで、乳の発達をスムーズにする働きがあります。

 

一方、乳寄稿を成功させるには、細胞の交替を活発にして細胞の繁殖を促したり、素肌にハリを与えて乳が垂れないようにしたりすることも大切です。
多くのバストアップサプリメントには、ヒアルロン酸やコラーゲン、プラセンタといった材料が配合されています。
ヒアルロン酸やコラーゲンは美肌効果の高い材料としてサプリに配合されることが多く、素肌に弾力と歓喜を与えてハリのある乳をつくるサービスをしてくれます。
また、プラセンタは素肌の細胞の威力を活発にする2つの発達要因(EGF,FGF)が含まれており、素肌の交替を活発にして乳の発達を助けてくれます。
つまり、バストアップサプリは以上のようなOK材料のシナジーによって乳を大きくする効果が期待できるというわけです。