巨乳はモテモテになれる

女性らしさをアピールできるバストは、ビジュアルや大きさなど人それぞれ。今回は、自分のバストを「巨乳」だと思っている方に「巨乳でよかったと思った経験」について聞いてみました。

 

@男子ウケがいい

 

「異性からの方法が多い」(23年/その他)

 

「巨乳というだけでモテる」(28年/ファイナンス・証券/営業現職)

 

「パパから母乳対象で近づかれたことがあるけど、それから恋愛にも発展したことがあるので、よかったと思う」(26年/ウェア・繊維/職責関連スペシャリスト)

 

ズバリ、「男性にモテる!」という判別が複数。まさに、方法される時期は、多そうです。

 

A身なりをほめられる

 

「『身なりが嬉しい』と男女ともにほめられる」(27年/器材・繊細器具/コツ現職)

 

バストが大きいと、それだけ女性らしい身なりに見えるものです。メリハリのある人体は、男女問わずあこがれますよね。

 

B水着を抵抗なく着られる

 

「水着を着たときに、釣り合いよい大きさに見える」(27年/その他)

 

「水着になったときに恥ずかしくない」(28年/塾・レクチャー要因/クリエイティブ現職)
堂々と水着が着られるのは、巨乳女房のサービスなのかも。バストに自信がない女房にとっては、うらやましすぎる判別です!

 

Cウエストが細く見える

 

「おなかが出ているのが隠せる」(25年/宿屋・トリップ・アミューズメント/売買現職・応対関連)

 

「ウエストが細く見える」(28年/医薬品・コスメティック/職責関連スペシャリスト)

 

バストが大きいと、ウエストの太さがあまり意思にならなく系。普通よりも母乳のふくらみがあるぶん、ウエストが出ていても目立ちづらいのかもしれません。

 

いかがでしたか? バストが大きいと「肩がこる」「走るときに厳しい」など、損する感触もありますが、恋愛に発展したり、身なりがよく見えるなど、「母乳が大きくてよかった!」と感じることもあるみたいですね。