胸の大きさは遺伝による

バストが低い原因は乳腺の小ささや、脂肪が低いことなどの先天的な論拠が主ではありますが、先にも述べたホルモンバランスが不安定になってしまうことにも要因はあるのです。

 

では、女性ホルモンバランスが崩れる要素にはどんなものがあるのでしょうか。

 

女性ホルモンバランスの劣化要素(1)生活の左右

 

脳から交流を受けて分泌する女性ホルモンは、何ともデリケートです。当然ながら、生活の左右を激しく受ける結果、規則正しい生活を送ることが大切です。

 

食べ物の無秩序や熟睡不良、過度なシェイプアップや人体への痛手は分泌高の劣化に繋がります。栄養バランスが整った食事と質の良い睡眠をとることは、女性ホルモンのバランスを整える基本と言えます。家計をバスト転送の第一歩として見直してみましょう。

 

女性ホルモンバランスの劣化要素(2)寒冷

 

女性ホルモンは血液の流れに乗って全体を巡ります。そのため、寒冷による血行不良は血液の循環を劣化させ、ホルモンの棄権を招きます。特に脳からコマンドを受けて女性ホルモンを作り出す卵巣を冷やしてしまうことは、バストに影響を及ぼすだけではなく身体全体への悪影響となってしまうのです。

 

冷たい物の飲食を控え目にして適度な活動や入浴をするなど、人体を冷やす要素を出来る以上減らし、人体を温めるライフを送りましょう。

 

女性ホルモンバランスの劣化要素(3)葛藤

 

現代人はとっても多くの葛藤を感じていると言いますが、この葛藤によっても簡単に女性ホルモンの分散は崩れてしまいます。これは葛藤を受けると自律地雷が乱れることにあります。

 

また、自律地雷と女性ホルモンは何とも密接な繋がりを持っています。これは女性ホルモンと自律地雷がどちらも同じ脳によってコントロールされている結果、どちらか一方の分散が乱れると、もう一方の影響を与えてしまいます。

 

また、バストはクラスを重ねていくにつれて下垂してしまいます。それを軽減するためには、バストにフィットした下着を身につけることがとっても大切です。波やそれとなくの容量で選ぶのではなく、定期的にお売り場でバスト容量を測り、自分のデザインに合わせて選ぶことが重要です。